全仏OP時の日比野菜緒
画像提供:tennis365.net

女子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、WTAインターナショナル)は2日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク72位の日比野菜緒は第6シードのM・ニクルスク(ルーマニア)に3-6, 6-2, 6-7 (7-9)のフルセットで敗れ、2大会連続の初戦突破とはならなかった。

>>錦織らシティOP対戦表<<

この試合、第1セットを落とした日比野だったが、続く第2セットで3度のブレークに成功して取り返しセットカウント1−1に。

ファイナルセットでは両者譲らず2度のブレークからタイブレークへ突入し、その後も接戦となるが、最後はニクルスクにポイントを連取され、2時間24分で敗れた。

2回戦では、予選勝者のH・ワトソン(英国)と世界ランキング134位のPM・ティグ(ルーマニア)の勝者と対戦する。

日比野は前週の江西オープン(中国/南昌、ハード、WTAインターナショナル)で自身4度目のツアー決勝進出。タイトル獲得はならなかったが、世界ランキングを上昇させ、現在は72位へ浮上している。

今大会には日本勢から日比野の他に奈良くるみと尾崎里紗も出場したが、いずれも1回戦で姿を消した。