錦織と対戦するデル=ポトロ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は1日、シングルス2回戦が行われ、第13シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が世界ランク119位のL・ラコ(スロバキア)を7-5, 6-2のストレートで下して初戦突破。この結果、第2シードの錦織圭は、3回戦でデル=ポトロと対戦することが決まった。

>>錦織vsデルポ 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

両者は今回が6度目の対戦で、錦織の1勝5敗。今年のBNALイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)3回戦ではデル=ポトロが7-6 (7-4), 6-3のストレートで勝利した。

現在28歳のデル=ポトロはこれまでのツアー大会で19度優勝しており、昨年のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)ではシングルスで銀メダルを獲得した。

一方、シティ・オープンで2年ぶり2度目の優勝を狙う錦織は、初戦の2回戦で世界ランク58位のD・ヤング(アメリカ)に苦戦するも、フルセットで勝利している。