初戦突破を果たしたティーム
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は1日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク96位のH・ラークソネン(スイス)を6-3, 6-3のストレートで下し、初戦突破を果たした。

>>錦織vsデルポ 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

この日、ティームはファーストサービスが入った時に96パーセントの高い確率でポイントを獲得し、1度もブレークチャンスを与えなかった。さらにラークソネンのサービスゲームでは3度のブレークに成功し、1時間3分で勝利した。

3回戦では、第15シードのK・アンダーソン(南アフリカ)とM・ジャジーリ(チュニジア)の勝者と対戦する。

同日の2回戦では、第2シードの錦織圭が世界ランク58位のD・ヤング(アメリカ)に苦戦を強いられたが、フルセットで下して辛くも初戦突破。

その他では第8シードのJ・ソック(アメリカ)、第13シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が3回戦進出。第12シードのM・ズベレフ(ドイツ)は初戦で敗退した。