マスターズ2大会欠場のワウリンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク4位のS・ワウリンカ(スイス)が2日に自身の公式フェイスブックで、膝の負傷により7日開幕のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)と続くW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)を欠場することを明かした。

>>錦織vsデルポ 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

「医師とチームと相談した結果、残念ながら大事をとってカナダとシンシナティの大会
をスキップする決断をした。ファンにとっても僕自身にとっても、この決断をせざるを得ないことは非常に残念だが、ウィンブルドンで悩まされた怪我を回復させ、100パーセントの自信を持てている状態で試合に復帰する必要がある」と綴った32歳のワウリンカ。

7月のウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)1回戦で膝を冷やすなど不安を残す場面が見られたワウリンカは、D・メドヴェデフ(ロシア)に敗れて初戦敗退。

その後の会見では「残念ながら膝に問題を抱えてしまい、万全な準備が出来なかった。昨年の終盤とオーストラリアでも感じていた」と語っており、以降は公式戦に出場していなかった。

昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)を下して大会初優勝を果たしたワウリンカだったが、今年は怪我の状態によっては出場が危ぶまれる。