ベスト8進出を果たしたラオニッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は3日、シングルス3回戦が行われ、第3シードのM・ラオニッチ(カナダ)が世界ランク77位のM・バグダティス(キプロス)を7-6 (9-7), 6-3のストレートで下し、ベスト8進出を果たした。

>>錦織vsデルポ 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

この日、2014年のシティ・オープンを制しているラオニッチは元世界ランク8位のバグダティスに16本のサービスエースを叩き込み、1度もブレークチャンスを与えなかった。さらに8度のブレークチャンスから2度のブレークに成功し、1時間31分で勝利した。

準々決勝では、第8シードのJ・ソック(アメリカ)と対戦する。ソックは3回戦でJ・ドナルドソン(アメリカ)をストレートで破っての勝ち上がり。

ラオニッチとソックは今回が11度目の対戦。過去はラオニッチが8勝2敗と勝ち越している。