ベスト8進出を果たした錦織圭
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は3日、シングルス3回戦が行われ、第2シードの錦織圭が第13シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)との深夜の戦いを6-4, 7-5のストレートで制し、2年ぶり3度目のベスト8進出を果たした。

>>錦織 準々決勝1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

この日は雨による悪天候の影響で試合開始が大幅に遅れ、現地4日の深夜0時を過ぎた時点で両者はコートへ入場。

過去にシティ・オープンを3度制しているデル=ポトロに対し、錦織はファーストサービスが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得。さらに1ブレークに成功し、第1セットを先取。

第2セットは第1ゲームでブレークする好スタートを切ったが、第8ゲームでブレークを許した。第10ゲームでは3本のセットポイントを握られたが、このピンチをしのぐと第11・第12ゲームを連取し、リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)銀メダリストのデル=ポトロを退けた。

試合終了時刻は現地4日の深夜2時を過ぎていた。

準々決勝では、世界ランク225位のT・ポール(アメリカ)と対戦する。20歳のポールは3回戦で第11シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では第3シードのM・ラオニッチ(カナダ)がベスト8進出、第1シードのD・ティーム(オーストリア)と第4シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)は3回戦で姿を消した。