錦織と準々決勝で対戦するポール
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は3日、シングルス3回戦が行われ、第2シードの錦織圭が第13シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を6-4, 7-5のストレートで下して2年ぶり3度目のベスト8進出を果たし、今季初優勝に向け前進した。準々決勝では、世界ランク225位のT・ポール(アメリカ)と対戦する。

>>錦織vsポール 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

20歳のポールは2回戦で第7シードのL・プイユ(フランス)、この日の3回戦では第11シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)を下して前週のアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)に続き2週連続で8強へ駒を進めてる。

同日の3回戦では第3シードのM・ラオニッチ(カナダ)、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第8シードのJ・ソック(アメリカ)がベスト8進出。2回戦で第6シードのG・モンフィス(フランス)を破った世界ランク200位のY・バンブリ(インド)はG・ペラ(アルゼンチン)に勝利し、ツアー初の8強入りを決めている。

第1シードのD・ティーム(オーストリア)と第4シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)は3回戦で敗退した。