(左から)錦織とポール
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は4日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードの錦織圭が世界ランク225位のT・ポール(アメリカ)に3本のマッチポイントを握られる崖っぷちから3-6, 7-6 (10-8), 6-4の大逆転で破り、辛くも2年ぶり2度目のベスト4進出を果たした。

>>錦織vsポール 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

両者は今回が初の対戦。

今シーズン初優勝を狙う錦織は初戦の2回戦でD・ヤング(アメリカ)、3回戦で第13シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を下しての勝ち上がり。

一方、20歳のポールは1回戦でC・ルード(ノルウェー)の途中棄権、2回戦で第7シードのL・プイユ(フランス)、3回戦で第11シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)に勝利し、ツアー初のベスト8進出を果たしている。