ベスト8進出を果たしたベリス
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのバンク・オブ・ウエスト・クラシック(アメリカ/スタンフォード、ハード、WTAプレミア)は3日、シングルス2回戦が行われ、第8シードのC・ベリス(アメリカ)が予選勝者のベロニカ・セペデ・ロイグ(パラグアイ)を7-6 (7-3), 6-2のストレートで下し、ベスト8進出を果たした。

>>錦織vsポール 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

18歳のベリスは準々決勝で第2シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)と対戦する。クヴィトバは2回戦でK・ボンダレンコ(ウクライナ)をストレートで破っての勝ち上がり。

同日の2回戦では、第4シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)と第6シードのC・バンデウェイ(アメリカ)も8強へ進出。

その他では今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制した第1シードのG・ムグルサ(スペイン)、第3シードのM・キーズ(アメリカ)、第5シードのA・コニュー(クロアチア)、第7シードのL・ツレンコ(ウクライナ)も準々決勝へ駒を進めている。