ベスト4進出を果たした錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は4日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク225位のT・ポール(アメリカ)との死闘を制して4強へ進出した第2シードの錦織圭が自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」に動画を投稿し、「タフな長い試合でしたが、勝つことが出来ました」と振り返った。

>>錦織vsズベレフ 1ポイント速報<<

>>錦織らシティOP対戦表<<

この日、錦織は20歳のポールに3本のマッチポイントを握られたが、激しいラリー戦からのドロップショットを決めるなどでピンチをしのいだ。その後もポールの強烈なストロークに苦戦するも、2時間39分で勝利を手にした。スコアは3-6, 7-6 (10-8), 6-4。

錦織の4強入りは、5月のバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープン(スイス/ジュネーヴ、レッドクレー、ATP250)以来 約3カ月ぶりだった。

準決勝では第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは準々決勝で世界ランク50位のD・メドヴェデフ(ロシア)をストレートで破っての勝ち上がり。

錦織とズベレフの準決勝は、日本時間6日の朝8時(現地5日の19時)以降に開始予定。