全豪OP時の青山修子
画像提供:tennis365.net

女子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、WTAインターナショナル)は5日、ダブルス決勝戦が行われ、第2シードの青山修子/ R・ボラチョーバ(チェコ共和国)組がE・ブシャール(カナダ)/ S・スティーブンス(アメリカ)組を6-3, 6-2のストレートで下し、優勝を果たした。

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

>>錦織 ロジャーズ初戦1ポイント速報<<

この日、青山/ ボラチョーバ組はブシャール/ スティーブンス組に2度のブレークを許すも、それを上回る6度のブレークに成功し、わずか59分で勝利を手にした。

青山は、二宮真琴とペアで優勝した昨年の橋本総業ジャパンウィメンズオープン2016(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)以来となるツアー優勝で、キャリア通算7勝目。

これまでのシティ・オープンでは2012年から3連覇を達成、昨年は尾崎里紗とペアで決勝進出を果たすも準優勝に終わっており、今回は3年ぶり4度目の優勝を果たした。