シティOP準決勝で敗退した錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は5日、シングルス準決勝が行われ、第2シードの錦織圭は第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、2年ぶり2度目の決勝進出とはならなかった。

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

>>錦織 ロジャーズ初戦1ポイント速報<<

今大会、錦織は初戦の2回戦から苦しみ、前日に行われた世界ランク225位のT・ポール(アメリカ)との準々決勝では3本のマッチポイントを握られる崖っぷちに追い込まれた。しかし、世界ランク9位の底力を見せつけて大逆転で勝利。5月のバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープン(スイス/ジュネーヴ、レッドクレー、ATP250)以来 約3カ月ぶりのツアー4強入りを決めた。

迎えた準決勝、今年5月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)でマスターズ初優勝を飾った20歳のズベレフから錦織は1度もブレークチャンスを掴むことが出来ず、1時間3分で力尽きた。

今後は7日から開幕するロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)に第5シードで出場。初戦の2回戦で世界ランク22位のG・モンフィス(フランス)と同34位のS・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対戦する。

上位シード勢が勝ち進んだ場合、3回戦で第12シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、準々決勝では今季の四大大会で2勝をあげている第2シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する厳しい組み合わせ。

世界ランク1位のA・マレー(英国)、同4位のS・ワウリンカ(スイス)、昨年覇者で同5位のN・ジョコビッチ(セルビア)、同6位のM・チリッチ(クロアチア)は欠場を表明している。

一方、今年7月に元世界ランク1位のJ・C・フェレーロ(スペイン)をコーチに迎え入れ勢いに乗るズベレフは今季4勝目、シティ・オープン初制覇に王手をかけた。決勝では第15シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。

元世界ランク10位のアンダーソンは3回戦で第1シードのD・ティーム(オーストリア)、準々決勝で予選勝者のY・バンブリ(インド)、準決勝で第8シードのJ・ソック(アメリカ)を下しての勝ち上がり。