初戦突破を果たしたデル=ポトロ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は7日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク31位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が第14シードのJ・イズナー(アメリカ)を7-5, 7-5のストレートで下し、初戦突破を果たした。

>>錦織vsモンフィス 1ポイント速報<<

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

この日、どちらも譲らずサービスキープが続く中、イズナーのミスが目立った隙をついて第11ゲームでデル=ポトロがブレークに成功。

第11ゲーム終了後、雨により約30分間試合中断となったが、再開後の第12ゲームでサービスキープし、第1セットを先取する。

第2セットでも接戦となったが、デル=ポトロが第11ゲームでイズナーのサービスゲームを破り、1時間49分で勝利した。

2回戦では、R・デュトラ・シルバ(ブラジル)とワイルドカードで出場のD・シャポバロフ(カナダ)のどちらかと対戦する。

現在28歳のデル=ポトロは今季、開幕戦となった2月のデルレイ・ビーチ・オープン(アメリカ/デルレイ・ビーチ、ハード、ATP250)ベスト4進出。前週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)では3回戦で錦織圭にストレートで敗れた。