インハイ初優勝を飾った菊地裕太
画像提供:tennis365.net

高校日本一の座を決めるインターハイ(平成29年度全国高等学校総合体育大会)は大会最終日の8日、男子シングルス決勝戦が行われ、菊地裕太(相生学院)が田口涼太郎(大分舞鶴)を6-3, 6-1のストレートで下し、インターハイ初優勝を果たした。

>>男子シングルス組み合わせ<<

>>男子ダブルス組み合わせ<<

今大会の男子団体戦でメンバーとして相生学院の2連覇に貢献した3年生の菊地は、今年3月の第39回全国選抜高校テニス大会(福岡・博多の森テニス競技場/砂入り人工芝)男子個人戦で2連覇を達成。

四大大会では、昨年の全米オープン・ジュニア(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)と今年の全豪オープン・ジュニア(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で予選2試合を勝ち抜いて本戦入りを果たした。

また、インターハイの男子ダブルスでも平川暉人とペアで決勝へ駒を進めており、同校の阿多竜也/ 丸山隼弥組(相生学院)と対戦する。

8日の結果・組み合わせは以下の通り。

【男子シングルス決勝】

菊地裕太(相生学院) 6-3, 6-1 田口涼太郎(大分舞鶴)


【男子ダブルス決勝】

阿多竜也/ 丸山隼弥(相生学院) vs 菊地裕太/ 平川暉人(相生学院)