AEGON国際時のガスケ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は7日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク29位のR・ガスケ(フランス)がワイルドカードで出場のB・シュナー(カナダ)を7-6 (7-5), 5-7, 6-1のフルセットで下し、3時間の激闘を制して初戦突破を果たした。

>>錦織vsモンフィス 1ポイント速報<<

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

この試合、第1セットをタイブレークの末に先取したガスケだったが、続く第2セットでは世界ランク197位のシュナーに2度のブレークを許してセットカウント1−1に。

その後、ファイナルセットでは先にリードしたガスケが元世界7位の実力を見せつけ、シュナーに1度もブレークチャンスを与えずに圧倒し、勝利を手にした。

2回戦では、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは、前週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)で今季4勝目をあげた。

31歳のガスケは今季、2月の南フランスオープン(フランス/モンペリエ、ハード、ATP250)で3連覇を狙うも決勝でズベレフに敗れて準優勝。

今大会は、7月のウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)1回戦でD・フェレール(スペイン)に敗れて以来の公式戦となる。

過去のロジャーズ・カップでは、2006・2012年の2度決勝へ駒を進めているが、いずれも準優勝となっている。