2回戦に進んだ岡垣光祐
画像提供:tennis365.net

大学テニス日本一の座をかけた平成29年度全日本学生テニス選手権大会(インカレ)は8日、岐阜メモリアルセンター(岐阜県岐阜市/ハードコート)で男子シングルス1回戦が行われ、1年の岡垣光祐(法政大)が千村直(信州大)を6-1, 6-2のストレートで破り、初戦突破を果たした。

2回戦では第8シードの高村佑樹(早稲田大)と対戦する。

岡垣は、昨年のインターハイ団体戦で岡山理大附(岡山)のエースとしてチームを牽引し、同校のベスト4進出に大きく貢献。さらに、「Road To Spain チャレンジカップ 2017」関東大会で優勝を飾り、スペインへの切符を手にした。

また、同日に行われた1回戦では、同じく1年の山尾玲貴(関西大)が山崎瑛二(慶應義塾大)を6-2, 6-2のストレートで破り、2回戦進出を決めた。

2回戦では長谷川聡(近畿大)と対戦する。



2回戦進出を決めた山尾玲貴


山尾は、昨年のインターハイで柳川(福岡)のエースとしてチームをベスト4に導いた。また、個人戦シングルスでも4強入りを果たした。