バルセロナOP時の杉田祐一
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は8日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク46位の杉田祐一は第9シードのD・ゴファン(ベルギー)に6-4, 1-6, 4-6の逆転で敗れ、惜しくも2回戦進出とはならなかった。

>>錦織vsモンフィス 1ポイント速報<<

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

今年7月のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)でツアー初優勝を飾り、日本男子で松岡修造、錦織圭に次ぐ史上3人目の快挙を成し遂げた杉田は、この日ゴファンから第1セットを先取する好スタートを切った。

しかし、第2セットでは5ゲームを連取されると流れはゴファンへ傾き、セットカウント1−1に追いつかれる。ファイナルセットは2度のブレークを許すと勢いを失い、初戦で敗退した。

これまで四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で杉田は、昨年のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)でA・ズベレフ(ドイツ)らを破りベスト16へ進出している。

ロジャーズ・カップは2年連続2度目の出場。トロントで開催された昨年は、1回戦でG・ディミトロフ(ブルガリア)に逆転負けを喫していた。

一方、勝利したゴファンは2回戦で世界ランク56位のチョン・ヒョン(韓国)と対戦する。チョンは1回戦で同28位のF・ロペス(スペイン)を下しての勝ち上がり。