初戦突破を果たしたシャポバロフ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は8日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク143位のD・シャポバロフ(カナダ)が同64位のR・デュトラ・シルバ(ブラジル)を4-6, 7-6 (10-8), 6-4の逆転で破り、2年連続の初戦突破を果たした。

>>錦織vsモンフィス 1ポイント速報<<

>>錦織らロジャーズ杯 対戦表<<

この日、第1セットを落とした18歳のシャポバロフは、第2セットのタイブレークでデュトラ・シルバに4本のマッチポイントを握られた。しかし、ドロップボレーやサービスエースなどを決めてピンチをしのぎ、セットカウント1−1に追いつく。

ファイナルセットに入ると、息を吹き返したシャポバロフが1ブレークに成功。最後はワイドへのサービスが決まり、2時間25分の激闘に終止符を打った。

マスターズ初の3回戦進出へ向け、2回戦ではJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と対戦する。デル=ポトロは1回戦で第14シードのJ・イズナー(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。