初戦で敗れたツォンガ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は9日、男子シングルス2回戦が行われ、第8シードのJW・ツォンガ(フランス)は世界ランク20位のS・クエリー(アメリカ)に1-6, 6-3, 4-6のフルセットで敗れ、初戦敗退となった。

>>ロジャーズ杯 対戦表<<

ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で四大大会初の4強、さらに前週のアビエルト・メキシカーノ・オープン(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)で今季2勝目をあげたクエリーに、この日ツォンガは最後フォアハンドをアウトさせてしまい、1時間32分で敗れた。

上位8シードが1回戦免除のため、ツォンガはクエリーとの2回戦が初戦だった。

勝利したクエリーは、3回戦で世界ランク32位のK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。アンダーソンは2回戦で第11シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)を破っての勝ち上がり。

同日の2回戦では第5シードの錦織圭、第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)も初戦敗退。第3シードのD・ティーム(オーストリア)は前日の2回戦で敗れた。