(左から)ズベレフとキリオス
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は10日、シングルス3回戦が行われ、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第16シードのN・キリオス(オーストラリア)を6-4, 6-3のストレートで下し、ベスト8進出を果たした。

>>ロジャーズ杯 対戦表<<

この日、ズベレフは自身のサービスゲームで8度のブレークチャンスを与えたが1度もブレークを許さなかった。リターンゲームでは3度のブレークに成功し、過去2連敗のキリオスから1時間11分で初勝利をあげた。

準々決勝では、世界ランク32位のK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。アンダーソンは3回戦で同20位のS・クエリー(アメリカ)をストレートで破っての勝ち上がり。

前週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)決勝ではズベレフがアンダーソンをストレートで下し、今季4勝目をあげている。