第5シードの錦織圭
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は11日、シングルスの組み合わせが発表され、第5シードの錦織圭は初戦の2回戦で世界ランク33位のD・フェレール(スペイン)と同35位のS・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対戦することが決まった。

>>錦織らW&Sオープン 対戦表<<

今大会は上位8シードが1回戦免除のため、錦織は2回戦から登場。

上位シード勢が勝ち進んだ場合、3回戦で第11シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)、準々決勝で第3シードのD・ティエムか第15シードのS・クエリー(アメリカ)、準決勝で第1シードのR・ナダル(スペイン)か第8シードのJW・ツォンガ(フランス)と対戦する組み合わせとなった。

日本勢からは杉田祐一も本戦入りしており、1回戦で第13シードのJ・ソック(アメリカ)と対戦する。

世界ランク1位のA・マレー(英国)、同4位のS・ワウリンカ(スイス)、同5位のN・ジョコビッチ(セルビア)、昨年覇者で同6位のM・チリッチ(クロアチア)は欠場。

現在行われているロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)に第5シードで出場していた錦織は、2回戦でG・モンフィス(フランス)に大逆転で敗れ、初戦で姿を消した。