4強進出の18歳シャポバロフ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は11日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)、世界ランク52位のR・ハーセ(オランダ)、18歳のD・シャポバロフ(カナダ)がベスト4へ進出した。

>>錦織らW&Sオープン対戦表<<

>>ズベレフvsシャポバロフ 1ポイント速報<<

>>ロジャーズ杯 対戦表<<

この日、フェデラーはファーストサービスが入った時に81パーセントの高い確率でポイントを獲得。さらにネットプレーを織り交ぜて第12シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を圧倒し、1時間8分で勝利した。

フェデラーと準決勝で対戦するハーセは、世界ランク36位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)を逆転で破り、マスターズ初の4強入りを果たした。

前週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)決勝に続き、2週連続で世界ランク32位のアンダーソンを下した20歳のズベレフは、準決勝で顔を合わせる同143位のシャポバロフとは今回が初の対戦。

1回戦で4本のマッチポイントをしのいで初戦を突破したシャポバロフは、2回戦で元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、3回戦で第1シードのR・ナダル(スペイン)、準々決勝で世界ランク42位のA・マナリノ(フランス)を破っての勝ち上がり。

準決勝の組み合わせは以下の通り。

D・シャポバロフ vs (4)A・ズベレフ

R・ハーセ vs (2)R・フェデラー