ベスト4進出を果たしたウォズニアッキ
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア5)は11日、シングルス準々決勝が行われ、第6シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)が第1シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)を7-5, 6-7 (3-7), 6-4のフルセットで破り、ベスト4進出を果たした。

>>錦織らW&Sオープン対戦表<<

>>ズベレフvsシャポバロフ 1ポイント速報<<

この日、女王のプリスコバを2時間56分の激闘の末に下したウォズニアッキは、準決勝で世界ランク934位のS・スティーブンス(アメリカ)と対戦する。

元世界ランク11位のスティーブンスは準々決勝でL・サファロバ(チェコ共和国)にフルセットで勝利している。

第2シードのS・ハレプ(ルーマニア)とC・ガルシア(フランス)、第4シードのG・ムグルサ(スペイン)と第5シードのE・スイトリナ(ウクライナ)の準々決勝は雨による悪天候の影響で12日へ順延となった。