(左から)フェデラーとズベレフ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は13日、シングルス決勝が行われ、第4シードで20歳のA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのR・フェデラー(スイス)を6-3, 6-4のストレートで下して初優勝を果たし、前週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に続き2週連続でタイトルを獲得した。

>>フェデラーvsズベレフ1ポイント速報<<

>>錦織らW&Sオープン 対戦表<<

両者は今回が4度目の対戦で、フェデラーの2勝1敗。直近は今年6月のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)決勝で、フェデラーがストレートで勝利している。

フェデラーは今大会で優勝し、次週のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)の結果次第では世界ランク1位へ返り咲く可能性がある。

一方、20歳のズベレフは前週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)に続き2週連続の優勝、今季5勝目を狙う。