W&Sオープンを欠場する錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスで世界ランク9位の錦織圭は13日に自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」を更新し、現在開催中のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)に第5シードで出場予定だったが、右手首の負傷により欠場すると発表。今後は28日から開幕する全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に出場予定。

>>W&Sオープン対戦表<<

右手首は今年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)でも負傷し、同大会準々決勝を棄権していた。

13日まで行われたロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)で、錦織は過去3連勝のG・モンフィス(フランス)から4本のマッチポイントを握ったが、まさかの大逆転負けで初戦敗退を喫した。

全米オープンでは2014年に準優勝を飾っており、昨年はベスト4進出を果たしている。

W&Sオープンには日本勢から杉田祐一が本戦入りしており、1回戦で第13シードのJ・ソック(アメリカ)と対戦する。