2年連続16強のナダル
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は2日、男子シングルス3回戦が行われ、4年ぶり3度目を狙う第1シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク59位のL・メイヤー(アルゼンチン)に苦戦するも6-7 (3-7), 6-3, 6-1, 6-4の逆転で破り、2年連続のベスト16進出を果たした。

>>フェデラーvsロペス 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

この日、第1セットで6度のブレークチャンスをものに出来なかった王者ナダルはタイブレークの末に落とすも、第2セットを取り返すと息を吹き返し、2回戦で杉田祐一を下したメイヤーを圧倒。第4セットの第8ゲームはブレークバックを許したが、3時間を超える熱戦を制した。

4回戦では、A・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。ドルゴポロフは3回戦でV・トロイキ(セルビア)をストレートで破っての勝ち上がり。

上位シード勢が順当に勝ち上がった場合、ナダルは準決勝で第3シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する組み合わせとなっている。

フェデラーは3回戦で第31シードのF・ロペス(スペイン)と顔を合わせる。