世界ランク14位の錦織
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの9月11日付ATP世界ランキングが発表され、年内の残り全大会を欠場し、長期の休養に入っている錦織圭は、前回から720ポイント失い4つ下げて14位に後退した。錦織が世界ランキングのトップ10から転落するのは2014年8月25日以来 約3年ぶり。

>>全米OP対戦表<<

28歳の錦織は、8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で右手首の負傷が再発。その後、年内残りの大会を欠場して、長期の休養に入ることを発表した。

右手首は、今年3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で負傷。5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)でも痛みが再発し、準々決勝を棄権していた。

また、その他のトップ10では全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ベスト4のR・フェデラー(スイス)が1つ上げて2位に浮上。A・ズベレフ(ドイツ)が4位、M・チリッチ(クロアチア)が5位、P・カレノ=ブスタ(スペイン)が10位となり、それぞれキャリアハイを記録した。

9月11日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…R・ナダル(スペイン)
9,465ポイント(7,645ポイント)

■2位[ +1 ]…R・フェデラー
7,505ポイント(7,145ポイント)

■3位[ -1 ]…A・マレー(英国)
4,790ポイント(7,150ポイント)

■4位[ +2 ]…A・ズベレフ
4,470ポイント(4,470ポイント)

■5位[ +2 ]…M・チリッチ
4,155ポイント(4,155ポイント)

■6位[ -1 ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
4,125ポイント(5,325ポイント)

■7位[ +1 ]…D・ティーム(オーストリア)
4,030ポイント(4,030ポイント)

■8位[ -4 ]…S・ワウリンカ(スイス)
3,690ポイント(5,690ポイント)

■9位[ - ]…G・ディミトロフ(ブルガリア)
3,575ポイント(3,710ポイント)

■10位[ +9 ]…P・カレノ=ブスタ
2,855ポイント(2,225ポイント)