デビスカップ WG入れ替え戦
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本vsブラジル(日本/大阪、靱テニスセンター)は18日、シングルス第1試合が行われ、世界ランク42位の杉田祐一が同114位のT・モンテイロ(ブラジル)とのエース対決を6-3, 6-2, 6-3のストレートで制し、日本は3勝1敗でワールドグループ残留を決めた。

>>マクラクラン/ 内山組 1ポイント速報<<

>>杉田vsモンテイロ 1ポイント速報<<

>>添田vsクレイザー 1ポイント速報<<

初日の15日に杉田と添田豪が勝利し、日本はワールドグループ残留に王手をかけた。

ダブルスでは、マクラクラン勉/ 内山靖崇組がM・メロ(ブラジル)/ B・ソアレス(ブラジル)組と対戦するも、ストレートで敗れて日本は2勝1敗に。

その後、シングルス第1試合に登場した杉田がT・モンテイロとのエース対決を6-3, 6-2, 6-3のストレートで制し、日本は3勝1敗でワールドグループ残留を決めた。

添田とG・クレザー(ブラジル)のシングルス第2試合は行われない。

日本は昨年のワールドグループプレーオフ ウクライナ戦で5連勝をおさめてワールドグループに残留。今年2月のワールドグループ1回戦ではフランスに1−4で敗れ、今回のプレーオフを戦っている。

【15日】
・シングルス第1試合:杉田祐一 6-2, 7-5, 7-6 (7-5) G・クレザー
・シングルス第2試合:添田豪 3-6, 6-4, 6-3, 6-7 (1-7), 6-4 T・モンテイロ

【18日】
・ダブルス第1試合:マクラクラン勉/ 内山靖崇 6-7 (2-7), 4-6, 2-6 M・メロ/ B・ソアレス
・シングルス第1試合:杉田祐一 6-3, 6-2, 6-3 T・モンテイロ
・シングルス第2試合:添田豪 vs G・クレザー

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行う。2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利となる。