複を制した豪チーム
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ準決勝 ベルギー対オーストラリア(ベルギー/ブリュッセル、室内レッドクレー)は16日にダブルスが行われ、J・ピアース(オーストラリア)/ J・トップソン組がR・ベーメルマンス(ベルギー)/ A ・デ=グリーフ(ベルギー)組を6-3, 6-4, 6-0のストレートで下し、2勝1敗のオーストラリアは決勝進出へ王手をかけた。

>>マクラクラン/ 内山組 1ポイント速報<<

>>杉田vsモンテイロ 1ポイント速報<<

>>添田vsクレイザー 1ポイント速報<<

初日の15日、シングルス第1試合にオーストラリアからJ・ミルマン(オーストラリア)が登場し、エースのD・ゴファン(ベルギー)に逆転で敗れた。シングルス第2試合ではN・キリオス(オーストラリア)がS・ダルシス(ベルギー)をフルセットで下していた。

オーストラリアとベルギーの組み合わせは下記の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:J・ミルマン 7-6 (7-4), 4-6, 3-6, 5-7 D・ゴファン
・シングルス第2試合:N・キリオス 6-3, 3-6, 6-7 (5-7), 6-1, 6-2 S・ダルシス

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:J・ピアース/ J・トンプソン(オーストラリア) 6-3, 6-4, 6-0 R・ベーメルマンス/ A ・デ=グリーフ

【大会3日目】
・シングルス第1試合:N・キリオス vs D・ゴファン
・シングルス第2試合:J・ミルマン vs S・ダルシス

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行う。2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利となる。