ベスト8進出を果たしたゴファン
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)は5日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのD・ゴファン(ベルギー)が予選勝者で世界ランク139位のM・エブデン(オーストラリア)を2-6, 7-5, 7-6 (7-1)の逆転で破り、2年連続2度目のベスト8進出を果たした。

>>杉田ら楽天オープン対戦表<<

この日、第1セットの第1ゲームからエブデンに5ゲーム連取を許したゴファンは、第6ゲームから反撃に出るもこのセットを落とす。続く第2セットは徐々にペースを掴み始め、2度のブレークに成功してセットカウント1−1に。

その後、ファイナルセットでは2度のサービング・フォー・ザ・マッチを逃したが、最後はリターンエースを決めて2時間20分で勝利した。

準々決勝では、世界ランク30位のR・ガスケ(フランス)と対戦する。ガスケは、同日の2回戦で同63位のルー・イェンスン(台湾)をストレートで下しての勝ち上がり。

昨年の楽天ジャパン・オープンで準優勝を飾ったゴファンは、今大会1回戦で世界ランク34位のF・ロペス(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

前週のシンセン・オープン(中国/シンセン、ハード、ATP250)決勝ではA・ドルゴポロフ(ウクライナ)を下して今季初優勝、キャリア通算3勝目をあげている。

一方、敗れた29歳のエブデンは今大会の予選2試合を勝ち抜いて本戦入り。1回戦でI・カルロビッチ(クロアチア)をストレートで破り、2回戦へ駒を進めていた。