全米オープン時の大坂なおみ
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのプルデンシャル・香港テニス・オープン(香港、ハード、WTAインターナショナル)は13日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク64位の大坂なおみは第6シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

>>上海マスターズ対戦表<<

19歳の大坂は今大会1回戦で元世界ランク1位のV・ウィリアムズ(アメリカ)を破る金星をあげてベスト8へ進出していた。

この日は、序盤で4ゲーム連取を許すとパブリュチェンコワに主導権を握られ、第1セットを落とす。第2セットは大坂が第1ゲームでブレークに成功する好スタートを切ったが、第6ゲームでブレークバックされると再びパブリュチェンコワに流れが傾き、準々決勝で力尽きた。

今シーズン、大坂はウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で3回戦へ進出し、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では1回戦で昨年覇者のA・ケルバー(ドイツ)をストレートで破る金星をあげた。

アジア・シーズンに入ると4大会連続で初戦敗退を喫したが、今大会で連敗をストップさせていた。

一方、勝利したパブリュチェンコワは、準決勝でワン・チャン(中国)と対戦する。