初戦突破を果たした加治遥
画像提供:ダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ

女子テニスの下部大会であるダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ(日本/愛知県豊田市、カーペット)は14日、シングルス1回戦が行われ、加治遥がA・リム(フランス)を3-6, 6-3, 7-6 (7-2)の逆転で下し、初戦突破を果たした。

2回戦では、第7シードの日比万葉と予選勝者の藤原里華のどちらかと対戦する。

23歳の加治は昨年の全日本学生室内テニス選手権大会(大阪/江坂テニスセンター、屋内ハード)で2連覇を達成。園田学園女子大学卒業後にプロへ転向し、今年8月の第29回ユニバーシアード競技大会にも出場した。

その他の日本勢は、ワイルドカードで出場の小堀桃子と清水綾乃が2回戦に進出。田中優季は初戦で敗れた。

また、ダブルスでは西本恵/ 吉冨愛子組と藤原/ 清水組がベスト8進出を果たしたが、第3シードのA・ライナ(インド)/ 瀬間詠里花組、光崎楓奈/ 宮本愛弓組、今西美晴/ 小堀組、B・グムリア(ハンガリー)/ 高畑寿弥組は初戦敗退となった。

ダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジは今年で10周年を迎え、2017年が最後の開催となる。

写真撮影:大澤泰紀