昨年の全米OP時のシュティエパネック
画像提供:tennis365.net

男子テニスで元世界ランク8位のR・シュティエパネック(チェコ共和国)は14日、自身のフェイスブックで現役引退を発表した。

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

>>ディミトロフvsゴファン 1ポイント速報<<

38歳のシュティエパネックは1996年にプロ転向後、ツアー5大会でタイトルを獲得し、2006年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)ではベスト8進出を果たした。

ダブルスではツアー18勝をあげ、四大大会では2012年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と2013年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で優勝。ダブルスの世界ランキングでは、2012年に自己最高の4位を記録。

また、国別対抗戦のデビスカップでは、2012・2013年にチェコ共和国の2連覇へ大きく貢献。いずれも最終試合でシュティエパネックが勝利し、優勝を決めていた。

今シーズンは、開幕戦のカタール・エクソンモービル・ オープン(カタール/ドーハ 、ハード、ATP250)で8強入り。全豪オープンでは予選を勝ち抜き、2回戦進出を果たした。

しかし、以降は背中の怪我によりツアーへ出場出来ず、3月に手術を受けた。その後も復帰へ向けて動いていたが、今後の健康を考えた末に引退を決意。D・ゴファン(ベルギー)との全豪オープン2回戦が現役最後の試合となった。