2回戦進出を果たした伊藤竜馬
画像提供:ダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ

男子テニスの下部大会であるダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ(日本/愛知県豊田市、カーペット、ATPチャレンジャー)は15日、シングルス1回戦が行われ、第3シードの伊藤竜馬がS・ロベール(フランス)を6-3, 5-7, 6-2のフルセットで下し、2回戦進出を果たした。

伊藤は、前週の兵庫ノア・チャレンジャー2017(日本/兵庫、室内ハード、ATPチャレンジャー)で優勝したロベールを相手に、ファイナルセットでは1度もブレークチャンスを与えずに圧倒。2時間5分で勝利を手にした。

2回戦では、予選勝者の江原弘泰と対戦する。江原は、前日の1回戦で同じく予選勝者の竹内研人をストレートで下しての勝ち上がり。

同日に行われた2回戦で第4シードの添田豪、今井慎太郎、清水悠太はいずれも敗れてベスト8進出とはならなかった。

初戦を突破した日本勢は伊藤、江原、内山靖崇の3選手となった。

2008年にスタートしたダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジは、2017年大会の開催を最後に終了となる。

写真撮影:大澤泰紀