ロジャー・フェデラー
画像提供:ゲッティ イメージズ

アメリカの代表的な男性ファッション雑誌「GQ」は21日、「モスト・スタイリッシュ・メン・オブ・2017」を発表。昨年の受賞者で男子テニス世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)は2連覇とはならなかった。今年はイギリス出身の俳優トム・ヒドルストンが受賞した。

「モスト・スタイリッシュ・メン・オブ・2017」は「GQ」公式サイト上でユーザー投票が行われ、より多くの票を獲得した候補者が受賞する形式。

今シーズン、グランドスラム2勝を含む7大会で優勝を果たし完全復活を遂げたフェデラーは、1回戦でベネズエラ出身の俳優エドガー・ラミレス、2回戦では前アメリカ大統領のバラク・オバマに大差をつけて勝利。

3回戦もアメリカ出身の俳優クリス・パインに勝利したが、準々決勝でイギリス出身のアイドルグループ ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズに敗れた。獲得票率はハリー・スタイルズ50.13%、フェデラー49.87%と僅差だった。

フェデラーを上回ったハリー・スタイルズと優勝したトム・ヒドルストンのほか、ベスト4には元サッカー イングランド代表のデビッド・ベッカムとワン・ダイレクションを2015年に脱退したゼイン・マリクが入った。

フェデラーは2017年12月30日から2018年1月6日にかけて行われるテニスのエキシビション 国別対抗戦 ホップマンカップ(オーストラリア/パース、ハード)にスイス代表としてB・ベンチッチ(スイス)と参戦予定。