決勝進出を果たしたゲルゲス
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、インターナショナル )は6日、シングルス準々決勝・準決勝が行われ、第1シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)と第2シードのJ・ゲルゲス(ドイツ)が決勝へ進出した。

今大会の4・5日は雨による悪天候の影響でシングルス全試合が順延。6日に準々決勝と準決勝が行われた。

元世界ランク1位のウォズニアッキは準々決勝でS・ケニン(アメリカ)、準決勝で予選勝者のS・ヴィケリー(アメリカ)を下して決勝進出。ゲルゲスは準々決勝でP・エルコグ(スロベニア)、準決勝でシェ・シュウェイ(台湾)を破っての勝ち上がり。

また、日本勢では第1シードの穂積絵莉/ 加藤未唯組が決勝へ進出しており、7日にS・エラーニ(イタリア)/ T・スクーエル(オランダ)組と優勝を争う。






■関連ニュース

・錦織 復帰戦のエントリー一覧
・ドーピング違反 出場停止処分
・錦織やマレー 昨年離脱組苦しむ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報