今季初優勝を果たしたキリオス
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)は7日、シングルス決勝が行われ、第3シードのN・キリオス(オーストラリア)が世界ランク47位のR・ハリソン(アメリカ)を6-4, 6-2のストレートで下して今季初優勝を果たし、キャリア通算4勝目をあげた。

>>杉田らASBクラシック対戦表<<

>>杉田vsカチャノフ 1ポイント速報<<

2017年はタイトル獲得を手にすることができなかったキリオス。今大会は初戦から苦しむも勝ち上がり、準決勝では第1シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)の2連覇を阻止して決勝へ進出。

迎えた決勝戦、17本のサービスエースを叩き込んだキリオスはハリソンに1度もブレークを許さず1時間13分で優勝を決め、15日からの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)へ弾みをつけた。

今大会は第2シードで出場予定だったA・マレー(英国)が試合前に棄権。第4シードのM・ラオニッチ(カナダ)、第5シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)、第6シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第7シードのD・ズムル(ボスニア)は初戦で敗退した。






■関連ニュース

・キリオス 錦織を称賛「トップ」
・錦織 復帰戦のエントリー一覧
・熱中症で12試合連続の敗戦

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報