3回戦進出を果たしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は4日目の18日、男子シングル2回戦が行われ、第14シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク39位のG・モンフィス(フランス)を4-6, 6-3, 6-1, 6-3の逆転で下し、2年ぶりの3回戦進出を果たした。

>>全豪OP 男子対戦表<<

この試合、序盤から自身のサービスゲームで苦戦して第1セットを落としたジョコビッチだったが、第2セットは暑さで苦しむモンフィスに1度もブレークポイントを与えずに奪い返し、セットカウント1−1に。

続く第3セットはジョコビッチが2度のブレークに成功してセットカウント2−1とすると、第4セットも第8ゲームでモンフィスのサービスゲームを破り、逆転勝ちをおさめた。

3回戦では、第21シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)と対戦する。ラモス=ヴィノラスは2回戦で、世界ランク131位のT・スミチェク(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

右肘の回復が間に合わず、開幕戦のカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、ハード、ATP250を欠場したジョコビッチだったが、エキシビジョン クーヨン・クラシック(オーストラリア/クーヨン、ハード)で約6カ月の実戦復帰を果たし、D・ティーム(オーストリア)にストレート勝ちをおさめた。

ジョコビッチは過去の全豪オープンで6度のタイトルを獲得。昨年は2回戦で当時世界ランク117位のD・イストミン(ウズベキスタン)に敗れる大波乱に見舞われた。

今大会の上位シード勢が勝ち進んだ場合、4回戦で第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)と顔を合わせる組み合わせ。






■関連ニュース

・ジョコ 全豪ボイコット否定
・ジョコビッチ、サービスを改良
・ジョコ、アシックスと契約

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報