ベスト16進出のマクラクラン組
画像提供:tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は5日目の19日、男子ダブルス2回戦が行われ、マクラクラン勉/ J・シュトルフ(ドイツ)組が第9シードのF・ロペス(スペイン)/ M・ロペス(スペイン)組を4-6, 6-3, 6-2の逆転で破る金星をあげ、ベスト16進出を果たした。

>>全豪オープン対戦表<<

>>大坂vsバーティ 1ポイント速報<<

この日、第1セットを落としたマクラクラン/ シュトルフ組だったが、第2セットは1度もブレークポイントを与えずに奪い、セットカウント1−1に追いつく。

ファイナルセットは第3ゲームでマクラクランがリターンエースを決めるなどでブレークに成功。その後もリードを守り、2016年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制したロペス/ ロペス組に勝利した。



(左から)マルク・ロペスとフェリシアーノ・ロペス


3回戦では、P・カレノ=ブスタ(スペイン)/ G・ガルシア=ロペス(スペイン)組とS・リプスキー(アメリカ)/ D・マレーロ(スペイン)組の勝者と対戦する。

昨年に国籍をニュージーランドから日本に変更したマクラクランは、9月の国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)の日本代表に選出。内山靖崇とペアを組んだ楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)では、日本人ペアで2005年の岩渕聡/ 鈴木貴男組以来12年ぶり史上2組目の優勝を成し遂げた。

今大会の1回戦では、T・コキナキス(オーストラリア)/ J・トンプソン(オーストラリア)組にストレートで勝利。これはマクラクランにとって四大大会初勝利となった。

その他の日本勢では、西岡良仁/ M・フチョビッチ(ハンガリー)組が第6シードのB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組との1回戦に挑んだが逆転で敗れ、惜しくも初戦突破とはならなかった。






■関連ニュース

・猛暑 ジョコ「限界だった」
・大坂 猛暑「燃えるような暑さ」
・杉田、ファンへの感謝忘れず

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報