3年連続8強のフェデラー
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、男子シングルス4回戦が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が世界ランク80位のM・フチョビッチ(ハンガリー)を6-4, 7-6 (7-3), 6-2のストレートで下し、3年連続のベスト8進出を果たした。

>>錦織らニューポートビーチCH対戦表<<

>>全豪OP 男子対戦表<<

>>大坂 なおみvsハレプ 1ポイント速報<<

この試合、フェデラーが1ブレークを守って第1セットを先取。第2セットは互いにサービスキープが続いたが、フェデラーが一瞬の隙をついてタイブレークをものにし、セットカウント2−0とリードを広げる。

第3セットはフェデラーが第1ゲームで先にブレーク。リードを死守してストレート勝ちをおさめた。

準々決勝では、第19シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と対戦する。ベルディヒは4回戦で、第25シードのF・フォニーニ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

フェデラーは今大会、1回戦で世界ランク51位のA・ベデネ(スロベニア)、2回戦で同55位のJ・シュトルフ(ドイツ)、3回戦で第29シードのR・ガスケ(フランス)を破り、1セットも落とすことなく4回戦に駒を進めていた。

昨年の全豪オープンでは、決勝でR・ナダル(スペイン)とのフルセットの死闘を制し、5度目のタイトルを獲得。また、今大会4回戦のガスケ戦で、全豪オープンでの勝利数を90とした。






■関連ニュース

・フェデラー、ズベレフへ金言
・フェデラー 背中「問題ない」
・主審に怒り「仕事お粗末」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報