世界ランク26位の錦織圭
画像提供:ゲッティイメージズ

26日に開幕するアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は22日に大会公式ツイッターを更新し、現地入りした世界ランク26位の錦織圭へ「メキシコへようこそ」と日本語で綴った。

ツイッターには、現地入りした錦織が関係者と挨拶を交わしている写真も投稿されている。

今年1月のニューポート・ビーチ・チャレンジャー(アメリカ/ニューポート ビーチ、ハード、ATPチャレンジャー)で、右手首のけがから復帰した錦織は、2月のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)で復帰後初優勝。

ツアー復帰戦となったニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)では準決勝でK・アンダーソン(南アフリカ)に敗れるも、昨年7月のシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)以来となるツアー4強入りを果たした。

アビエルト・ メキシコ・テルセルには錦織の他に、R・ナダル(スペイン)、A・ズベレフ(ドイツ)、D・ティーム(オーストリア)、J・ソック(アメリカ)、アンダーソン、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、S・クエリー(アメリカ)らが出場予定。

昨年はクエリーが決勝でナダルを破り、優勝を飾った。