初戦突破を果たしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は16日、シングルス1回戦が行われ、第9シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク93位のD・ラヨビッチ(セルビア)を6-0, 6-1のストレートで下して初戦突破。「ATPマスターズ」では昨年5月に準優勝を飾ったBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)以来 約11カ月ぶりに白星をあげた。

>>錦織vsメドヴェデフ 1ポイント速報<<

>>杉田vsシュトルフ 1ポイント速報<<

>>錦織らモンテカルロ対戦表<<

この日、「ATPマスターズ」で歴代最多30勝を誇る元世界ランク1位のジョコビッチは第1セットを22分で先取すると第2セットも主導権を握り、試合を通して予選勝者のラヨビッチに1度もブレークを許さずに勝利した。

2回戦では、世界ランク39位のB・チョリッチ(クロアチア)と対戦する。チョリッチは1回戦でJ・ベネトー(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

2013・2015年のモンテカルロ・マスターズを制しているジョコビッチは、昨年後半に右肘のけがでツアーから離脱。そして今年1月に復帰し、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で16強入りするも、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)とマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では初戦敗退を喫した。

30歳のジョコビッチがモンテカルロ・マスターズにノーシードで出場するのは、2006年以来12年ぶり。R・フェデラー(スイス)と初対戦だった2006年の1回戦ではフルセットで敗れた。

同日の1回戦では、世界ランク36位の錦織圭が第12シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を4-6, 6-2, 6-1の逆転で破り、今季クレー初戦を白星で飾った。2回戦では、世界ランク49位のD・メドヴェデフ(ロシア)と対戦する。

4月15日開幕の男子テニス モンテカルロ・マスターズをWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信中。

【配信予定】
2018年4月15日(日)〜4月22日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>