決勝進出を果たしたラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は8日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を6-4, 6-1, 6-2のストレートで下して2年連続の決勝進出を果たし、2連覇と11度目の優勝に王手をかけた。

>>ナダルvsティーム 1ポイント速報<<

>>全仏OP対戦表<<

この日、第1セットを先取したナダルは、第2セットに入るとデル=ポトロから主導権を握り1ゲームしか与えずに2セットアップとする。

第3セットも流れはナダルへ傾き、失速するデル=ポトロから2度のブレークに成功。2時間を超える戦いに終止符を打った。

決勝では、第7シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦する。四大大会初の決勝進出を決めているティームは、準決勝で世界ランク72位のM・チェッキナート(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

優勝を争う2人は10度目の対戦で、ナダルの6勝3敗。最後に対戦したのは今年5月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)準々決勝で、ナダルはティームにストレートで敗れている。

全仏オープンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【放送予定】
2018年5月27日(日)〜6月10日(日)
 
■詳細・放送スケジュールはこちら>