辛くも初戦を突破した錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

全豪">男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は10日、シングルス2回戦が行われ、第6シードは錦織圭が世界ランク52位のA・マナリノ(フランス)を6-4, 4-6, 7-6 (7-4)のフルセットで下して辛くも初戦を突破し、2017年以来2年ぶり6度目の3回戦進出を果たした。

>>錦織vsホルカシュ 1ポイント速報<<

>>錦織らBNPパリバ対戦表<<

2時間33分の死闘を制した錦織は、自身の公式アプリ「KEI NISHIKORI」に動画を投稿し「タフな試合でしたけど、勝つことが決ました」と振り返った。

3回戦では、世界ランク67位のH・ホルカシュ(ポーランド)と対戦する。ホルカシュは2回戦で第28シードのL・プイユ(フランス)を下しての勝ち上がり。

今年2月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)2回戦でホルカシュに敗れている錦織は「次の試合に向けて調整して頑張ります」と意気込んだ。

同日の2回戦では、第2シードのR・ナダル(スペイン)、第4シードのR・フェデラー(スイス)、第8シードのJ・イズナー(アメリカ)、第10シードのM・チリッチ(クロアチア)らが3回戦へ進出。

第16シードのF・フォニーニ(イタリア)、第20シードのD・ゴファン(ベルギー)、第29シードのM・フチョビッチ(ハンガリー)は初戦の2回戦で敗れた。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」
WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

【配信予定】3/3〜3/18

■詳細・配信スケジュールはこちら>