全豪オープンの錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

全豪">男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は12日、シングルス3回戦が行われ、第6シードの錦織圭は世界ランク67位のH・ホルカシュ(ポーランド)に6-4, 4-6, 3-6の逆転で敗れ、2017年以来2年ぶり4度目のベスト16進出を逃した。

>>大坂vsベンチッチ1ポイント速報<<

>>大坂らBNPパリバ対戦表<<

序盤から安定したストローク戦を見せた錦織は第3ゲームで先にブレークに成功すると、その後もパッシングショットやサーブ・アンド・ボレーなどを決めて第1セットを先取。

第2セットはホルカシュの強烈なサービスに苦戦。自身のサービスゲームでは第10ゲームで強打に押されるとミスを重ね、ブレークを許してセットカウント1−1に追いつかれる。

ファイナルセットは第1ゲームでブレークする好スタートを切ったが、直後の第2ゲームでブレークバックされると、第6ゲームでは最後ダブルフォルトを犯して再びブレークを許す。以降も勢いを止めることができず、今年2月に苦杯を喫したドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)2回戦に続きホルカシュに2連敗となった。

一方、勝利したホルカシュは4回戦で、第10シードのM・チリッチ(クロアチア)と第24シードのD・シャポバロフ(カナダ)の勝者と対戦する。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」
WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

【配信予定】3/3〜3/18

■詳細・配信スケジュールはこちら>