全仏OPでのウォズニアッキ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのネイチャー・バレー国際(イギリス/イーストボーン、芝、プレミア)は24日、シングルス1回戦が行われ、第11シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)が世界ランク81位のK・フリッペンス(ベルギー)を6-3, 6-4のストレートで破り、初戦突破を果たした。

この日の第1セット、ウォズニアッキは3本のサービスエースを決めるなど試合を有利に進め先行する。第2セットでは1度ブレークを許したものの、それを上回る2度のブレークに成功し、過去1勝1敗のフリッペンスを1時間21分で振り切った。

2009・18年の大会女王である28歳のウォズニアッキは女子プロテニス協会のWTA公式サイトで「私はここでプレーするのが大好き。素晴らしい思い出がある。試合についてはうまくプレーできていたと思う。1回戦からキルスティン(フリッペンス)と当たるのはとても難しいこと。彼女は芝での戦い方が分かっていて、スライスやボレー、サービスもとても良い。今日の勝利には満足している」とコメントを残した。

ウォズニアッキは3回戦進出をかけて、2回戦で世界ランク70位のA・ペトコビッチ(ドイツ)と対戦する。ペトコビッチは1回戦で同30位のD・カサトキナ(ロシア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのKa・プリスコバ(チェコ)が3回戦へ、世界ランク29位のシェ・シュウェイ(台湾)、同35位のJ・オスタペンコ(ラトビア)らが2回戦へ駒を進めている。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭&大坂なおみの試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)〜14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>