初戦突破を果たしたフリッツ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBB&T アトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は25日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのT・フリッツ(アメリカ)が予選勝者で世界ランク405位のK・キング(アメリカ)を6-2, 6-3のストレートで下して初戦を突破し、2016年以来3年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。

今年6月のネイチャー・バレー国際(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)でツアー初優勝を飾った21歳のフリッツは、この日10本のサービスエースを決めるなどで、ファーストサービスが入った時に75パーセントの確率でポイントを獲得。同胞のキングのサービスゲームでは4度のブレークに成功し、1時間10分で試合を制した。

準々決勝では、世界ランク66位のM・キツマノビッチ(セルビア)と4強入りをかけて対戦する。キツマノビッチは2回戦で、第8シードのU・アンベール(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日に行われた2回戦では、第3シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、世界ランク106位のB・トミック(オーストラリア)がベスト8へ駒を進めた。

「錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)〜8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>