ハンブルグ・オープンでのティーム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのジェネラル・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)は1日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク75位のP・アンドゥハル(スペイン)を7-6 (7-4), 6-4のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>西岡vsキリオス 1ポイント速報<<

この試合、ファーストサービスが入ったときに70パーセントの確率でポイントを獲得したティームは、過去2連勝中のアンドゥハルに3度ブレークを許したものの、自身はそれを上回る4度のブレークに成功。1時間44分で勝利した。

2015年以来4年ぶりとなる4強入りを決めたティームは、決勝進出をかけて、準決勝で第7シードのL・ソネゴ(イタリア)と対戦する。両者は初の顔合わせ。ソネゴは準々決勝で第3シードのF・ベルダスコ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には世界ランク65位のC・ルード(ノルウェー)、同69位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)が4強へ駒を進めた。

「男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)〜8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>