初戦突破を果たしたチリッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)は6日、シングルス1回戦が行われ、第14シードのM・チリッチ(クロアチア)が世界ランク92位のB・クラーン(アメリカ)を6-3, 7-6 (9-7)のストレートで破り、初戦突破を果たした。

>>錦織vsガスケ 1ポイント速報<<

>>錦織らロジャーズ杯対戦表<<

この試合、チリッチはクラーンに19本のサービスエースを決められたものの、2度のブレークに成功。自身のサービスゲームではブレークチャンスを1度も与えることなく、1時間38分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはチリッチのコメントが掲載されており「ブラッドリー(クラーン)のサービスは本当に凄かった。僕はあんなサービスがくることをあまり期待はしていなかったけれど。彼には常にプレッシャーをかけ続けられて、決着は第2セットのタイブレークまで決まらなかった。そのような重要なときに良いプレーができてうれしい」と語っている。

同大会では2008・18年に8強入りを飾っている30歳のチリッチは、3回戦進出をかけて、2回戦で世界ランク65位のJ・ミルマン(オーストラリア)と対戦する。両者は2度目の顔合わせでチリッチの1勝。ミルマンは1回戦で予選勝者のF・ロペス(スペイン)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第11シードのB・チョリッチ(クロアチア)、第12シードのJ・イズナー(アメリカ)、世界ランク21位のF・オジェ アリアシム(カナダ)、同23位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)らが2回戦へ駒を進めている。

「錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー マスターズ1000 モントリオール」

【大会期間】
8/5(月)〜8/11(日・祝)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>