世界ランク1位へ復帰する大坂なおみ
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア)は9日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードの大坂なおみは第8シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

>>大坂らW&Sオープン対戦表<<

>>大坂2回戦 1ポイント速報<<

この日、大坂は敗戦を喫すも同日に第3シードのKa・プリスコバ(チェコ)が敗れたことにより、12日発表の世界ランキングで1位へ復帰することが確定していた。

試合後、自身のツイッターに大坂は「ここ数日間でたくさんのことを学んだ。なにより、試合中に笑うことができた。だから、とても幸せ。これからも人生でもっと試合をして、学べることが楽しみ」と綴った。

また、女子プロテニス協会のWTA公式サイトには「これからもハードな努力を続けて、もちろん結果を見ていく。勝ち負けのことを考えすぎないようにする」と大坂のコメントが掲載されている。

次週、大坂はW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTAプレミア)に第2シードで出場する。

一方、勝利したセリーナは準決勝で予選から勝ち上がってきた世界ランク91位のM・ブズコバ(チェコ)と対戦する。ブズコバは準々決勝で第4シードのS・ハレプ(ルーマニア)の途中棄権により4強へ駒を進めている。

「錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー マスターズ1000 シンシナティ」

【大会期間】
8/11(日・祝)〜8/18(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>